2011年の東京 -Tokyo 2011

2015.02.05

Takashi Yasui

どうもこんにちは、Tuck @_tuck4 です。

写真を始める前に、「東京」という場所がじぶんにとってどんな意味合いをもっていたか。今となっては思い出すことができないんですが、現在、東京は住んでいる大阪と同じくらい大切な場所です。RECOを一緒に盛り上げてくれているフォトグラファーにも、東京のメンバーがたくさんいます。

Tomoyasu Koyanagiくんと出会うのは2012年、

nanamiちゃんやYumaと出会うのは2013年のことです。

ではそれ以前、2011年はどうだったかというと、実は9月に東京に行ってるんですね。

その頃は特に撮りたいものもなく、家族や住んでいる大阪の街並みをたまに撮るような、そんなゆるいカメラライフでした。大きな転機になったのが、その2011年の6月。写真家の森山大道の展示を見たことです。

大阪の国立国際美術館にて行われたその展示は 「オン・ザ・ロード」 と題され、森山大道の写真を俯瞰的にとらえるとともに、当時最新作のカラーストリートフォトグラフィーが見られるという構成でした。そのストリートフォトグラフィーを見た時の、あの頭がクラクラするような感覚を今でも覚えています。

そこで今記事では「森山大道みたいに東京を撮ってみたい!」 そんな思いで切り取った、2011年9月の東京をおおくりします。

今みたいに「友人とフォトウォーク」、なんて考えもしませんでした。一人で街を歩き、人々に肉薄してカメラを構えていました。構図も今ほどしっかりしてないし、荒削りなことこの上ないですが、写真から沸き立つエネルギーという面では、もしかしたら今より熱いものがあるかもしれません。

じぶんにとってのルーツでもあるし、結局はここに帰ってくるんだろうな、と思える写真たちなんですよね。

Tuck-04764

Tuck-04822
Tuck-04837

Tuck-04499

Tuck-05139

Tuck-05117
Tuck-05119

Tuck-05628

Tuck-05281
Tuck-04402
Tuck-04633

Tuck-04708
Tuck-05470
Tuck-05175

Tuck-05691
Tuck-05318
Tuck-05482
Tuck-05574.

2012年の東京-Tokyo 2012


このエントリーをはてなブックマークに追加

Takashi Yasui
Photo & Text by 

2010年に趣味で写真を始める。Instagramとの出会いがキッカケで、2015年にフリーランスフォトグラファーに転身。Instagramを通じての企業案件やアーティストの撮影など、新しいフォトグラファー像を追求している。