撮るたびに好きになる、京都

2016.07.16

244

244 @tsuyoshinges -Column

わたくし244は2015年の春から京都を撮っています。

まだまだ魅力的な場所はあるんでしょうけど、ほぼ撮りたいシーンは1年間かけて撮れたんですね。で、次は何を撮ろうかって少し悩んでいた時期がありました。それでも何度でも自然に足を運ばせてくれたのがこれらのロケーションでした。

八幡

DSCF1829

DSCF1831

DSCF1835

DSCF1839

DSCF1845

DSCF1848

DSCF1863

DSCF1883

DSCF1891

DSCF1892

大徳寺高桐院

DSCF2241

DSCF2244

DSCF2249

DSCF2254

DSCF2261

DSCF2266

伏見稲荷大社

DSCF1165

DSCF1196

DSCF1214

DSCF1220

DSCF1225

DSCF1234

DSCF1241

DSCF1162

京都駅ビル

DSCF2163

DSCF2195

DSCF2182

DSCF2161

DSCF2198

DSCF2191

DSCF2183

DSCF2186

DSCF2202

DSCF2224

宮川町

DSCF0624

DSCF0506

DSCF0510

DSCF0527

DSCF0596

何回も同じ場所を撮ることによって、いろんな発見があることに気付いたんですね。

たとえば季節によって変わる空気感や、日の沈む位置、何よりも自分とそのロケーションとの関係性が映り込んだり。訪れるたびに、ファインダーを覗くたびに、「またか」ではなく「あぁ、やっぱりここだ」と再び心が掻き立てられる感覚になります。

八坂通り・二年坂・三年坂

DSCF0427

DSCF1993

DSCF1998

DSCF2010

DSCF2014

DSCF2004

DSCF2017

DSCF2006

DSCF0441

DSCF0472

祇園

DSCF0912

DSCF1985

DSCF1987

DSCF1907

DSCF1915

DSCF1919

DSCF1921

DSCF1924

DSCF1930

DSCF0415

DSCF1935

DSCF1947

DSCF1949

DSCF1955

DSCF1971

DSCF1982

DSCF1976

DSCF2024

第三者からみると同じロケーションだとどれも似たような写真と思われがちなのですが、アプローチの仕方やエディットの好みが少しずつ変わってきてるので自分の中では全く違うものなんですね。

写真を見る側からのリクエストを感じてそれにレスポンスすることって、もちろん大切なことだと思うんですけど、まずは自分が何を撮りたいかでしょうし、受け手のことばかり考えすぎると自分との中に歪みが生まれてしまいますね。

共感を得ることって、決して自分と誰かとの答え合わせをすることではないと思うんですよ。ファッションや音楽と同じように、自分に似合うものって自分にしか決めれないんです。

あなたに似合う、撮るたびに好きになる場所、探しに行きませんか。


このエントリーをはてなブックマークに追加

244
Photo & Text by