Exploring Japan 京都 八幡〜木津川 (Vol.3)

2015.01.15

Koichi

京都 八幡〜木津川 (Vol.3)

撮影日 2014年12月某日

今回の最終目的地は、知る人ぞ知る「流れ橋」。(正式名は上津屋橋 こうずやばし)

名前が象徴するように、台風や大雨の度に流されるから「流れ橋」という呼び名が付いています。そもそも橋脚は残っても、橋桁が流れるように造られています。他にも茨城県の小目沼橋(おめぬまばし)などが有名です。どうして流されるように造られているのか…?知りたい人は下のリンクをクリック(笑)

ただこの橋、ここ数年は毎年流されていまして。。。実は、2014年8月の台風で流出し、この時も橋桁はまだ付近に散乱したままの状態なんです。なので今回は、残った橋脚と雑草が茂る河原を撮ろうとここへ向かいました。それと、河原って夕陽が綺麗なんです。冬の夕方の低くてアンバーな光が目的です。

Nagarebashi_01f_2014.12

Nagarebashi_03f_2014.12

Nagarebashi_02f_2014.12

Nagarebashi_04f_2014.12

Nagarebashi_05f_2014.12

前地の京阪 八幡市駅からここまでのアクセスは、京阪の路線バスを利用します。これが意外に便利なんです。駅前から目的地のすぐ近くまで15分ほどで到着しました。風が強くて寒かったのですが、15時を回った頃からの光はサイコーです。ここは川の土手の一方から日が昇り、もう一方へ沈んでくれるので、早朝も夕方も楽しめます。

この時期は17時前には日没なので、けっこう忙しい撮影になります。モデルのMeguさんと、あっちこっちといい場所を探しながら、枯れ草の中や川っ端、橋脚なんかを利用して冬の撮影を楽しんだ一日でした。

最後のカットは帰り際、土手を登る階段で出会った美しい空!こういうシーンとの出会いがあるから、また今週末も出掛けてしまうんですよねー。

Anytime, Anywhere… We do not forget an explorer’s mind!
京都 八幡〜木津川編 完

Equipment

カメラ / iPhone 6 ネイティブカメラ・Camera+
エディットApp / Snapseed, VSCOcam
モデル / Megu @megumi_koseko

Information

【流れ橋 アクセス】
電車・バス
京阪電車 八幡市駅から流れ橋(上津屋橋)までのバス
駅前の2番乗り場から乗車して「上津屋 こうずや」下車。徒歩5分。
※八幡市駅にある観光案内所で地図と時刻表がもらえます。

Link

上津屋橋
流れ橋

Exploring Japan 京都 八幡〜木津川

Vol.1 / Vol.2 / Vol.3


このエントリーをはてなブックマークに追加

Koichi
Photo & Text by