Film Camera Love – Pentacon Six

2015.01.01

harao

haraoです。

みんな大好きPentacon Six!
ということで、僕のお気に入りのフィルムカメラ「Pentacon Six」の紹介です。

Pentacon Sixとは?

カールツァイス財団傘下のツァイス・イコン社が1960年に発売した中版フィルムカメラです。
使用フィルムは120フィルムまたは220フィルムで、画面サイズは正方形の6✕6cm判。
撮影可能枚数は120フィルムで12枚・・・
なんですが、がんばれば13枚〜14枚撮れます(お得!)

レンズマウントは一般的に「P6マウント」と呼ばれ、カールツァイスイエナ社製のカールツァイスレンズの他、ロシア製カメラ のキエフ6やキエフ88のレンズも使用することができます。広角から望遠までラインナップが豊富&比較的安価で手に入るのも嬉しいところ。

ファインダーは変更可能で、露出計を内蔵したTTLファインダーの他にもアイレベルファインダ、ウエストレベルファインダがあります。

Pentacon Sixの特長

見た目がカッコよく、値段もお手頃(僕のはボディ+レンズ+ケース付きで3万円くらいでした)。
しかもレンズはカールツァイス・・・。

と、一見いいことづくめのPentacon Sixですが、やっぱり残念な点もあります。

それは故障や器材トラブルの多さ。
よく聞くのがシャッタースピード不良(特に1/125がダメになりやすいそう)やコマ被り。
他にも故障とまではいかないものの、突然巻上げレバーが動かなくなる、フィルムが巻太りするなどのトラブルは結構発生します。最近は慣れましたが、撮影中に突然動かなくなるとびっくりします。

あと、ファインダーが暗くて少しピントが合わせづらいのもやや難点。

そんなPentacon Sixですが、写りはすごくいいんです!
たまに「なんじゃこりゃ!」ってくらい良い仕事をしてくれます。

以下作例です。

re50980002
38940013
25130011
45770011
re18560012

ということで、「Pentacon Six」の紹介でした。
クセはありますがオススメのカメラです。
見かけたら是非手にとって見てみてくださいね〜(●⁰౪⁰●)


このエントリーをはてなブックマークに追加

harao
Photo & Text by