ピントと写真の関係性について。

2016.07.13

ryutaro inami

こんにちわ、Ryutaro inami @inaryu_photoです。

突然ですが皆さんは写真を撮る時に1番気をつけている事ってなんでしょうか?

僕は普段写真を撮る時に1番気をつけているのは「構図」です。

ただ構図に拘りすぎて自分の撮る写真が窮屈に感じたりしてしまうことが多々ありました。

そんな時にわざとピントを外した写真を撮ってみたらこれが意外と面白くて、いい構図の時は構図は決めたままピントを調節して写真を何枚か撮るようになりました。

大体2〜4段階くらいで撮っていい写真を後で選んで出していたのですが、Twitterにこのピントを4段階に分けた物をまとめてアップしてみたところ非常にたくさんの反響を頂きました。

「構図」の中で遊べる要素というのはもちろんピント以外にも色々あると思いますがピントはわかりやすくその場で自由に出来るという点で面白く、ある程度明るめのレンズがあれば簡単に誰でも出来ることです。

IMG_0539

IMG_0540

IMG_0541

特にオートフォーカスだと簡単に被写体にフォーカスしてくれるので案外被写体以外にピントを当てるということをしなかったりする方も多いのではないでしょうか。

構図もピントも自由に使えると写真の可能性はもっと広がると思います。

ピントの位置によって伝わり方や見え方が違うと思います。

inamiIMG_0494

inamiIMG_0545

inamiIMG_0544

inamiIMG_0554

inamiIMG_0543

inamiIMG_0547

inamiIMG_0546

inamiIMG_0552

inamiIMG_0548

inamiIMG_0493

inamiIMG_0549

今日はいつもとはちょっと違うところにピントを合わせてみませんか?


このエントリーをはてなブックマークに追加

ryutaro inami
Photo & Text by