薄暗い夏の記憶、その湿度。

2016.09.21

ryoko

熱気にあてられ、少しばかり寝込んでしまった。

リモコンの温度を下げつめたくなった空気と、私の身体で熱くなったシーツ。
寝返りを打っても、もうつめたいところはない――。

日記にそんなことばかり綴っていたこの夏。

夏には夏らしさを感じたいと願いながらも人並み以下の体力しか持っていない私は、早朝や夕暮れどき、それから真夜中にばかりシャッターを切っていた気がします。

もう、夏も終わり。
改めて見返す写真の中には、暗く、湿度をまとった薄青い世界が広がっていました。

ryoko_038

ryoko_039

ryoko_040

ryoko_041

ryoko_042

ryoko_043

ryoko_044

ryoko_045

ryoko_046

ryoko_047

ryoko_048

ryoko_049

ryoko_050

ryoko_051

ryoko_053

ryoko_054

ryoko_055

ryoko_056

ryoko_057

ryoko_058

ryoko_059

ryoko_060


このエントリーをはてなブックマークに追加

ryoko
Photo & Text by 

ライター、編集者。
カルチャー、ライフスタイル誌にて
執筆や編集を行う。