宮島で過ごす一足早い夏休み

2017.07.31

age-cox

こんにちは、クリヤマ@age_coxです。
毎日暑い日が続いてますが、皆さま如何お過ごしでしょうか。

自分は一足早い夏休みで、広島県の宮島へ行ってきました。宮島というと人が多い観光地のイメージが強かったんですが、二泊三日、島でゆっくり過ごしてみると、なんともフォトジェニックな風景にとても癒されましたよ。

ホームタウンの北九州から電車を乗り継ぐごと1時間半、あっという間に宮島へ渡るフェリーターミナルへ。なんと宮島上陸まで2時間を切る近さ!中学生の頃、修学旅行で訪れて以来2度目の上陸だったんですが、こんなに近いとは思いませんでした。

やっぱり最初に押さえておきたいのは、世界遺産・厳島神社。日中は観光客の方達であふれ返るので、自分は早朝、開場と同時に入りました。朝の澄んだ空気がとても気持ちよくて、神聖な雰囲気にシャッターを押すのも忘れてしまうほどでした。

五重塔が見える島の風景

島を歩いていて目に入ってくるのが五重塔です。重要文化財に指定されている朱色が美しい塔なんですが、この塔がメインストリートを歩いていても、ちょっと高台に登っても、街のいろいろな場所から見えてとてもフォトジェニックでした。

いつ見ても素晴らしい大鳥居

厳島神社のシンボル・大鳥居は、満潮のときも干潮のときも、朝も昼も夕も、それぞれ違った表情を見せていて、一日中撮ってても全然飽きませんでしたよ。主役でも背景でも絵になる大鳥居、最高でした。

最後に

二泊三日のんびり過ごしてみて、宮島がとても好きになりました。のんびりし過ぎて写真撮り忘れたんですが、メインストリートから一本二本入ると良い感じのカフェや雑貨屋があったり、角を曲がるとばったり鹿に出くわしたりしました笑

夏休みどこに行こうか考え中の方、ぜひ宮島も候補の一つにいれてみてください。自分は紅葉の時期にもう一度訪れてみようと思います。


このエントリーをはてなブックマークに追加

age-cox
Photo & Text by 

1984年、鹿児島生まれ。福岡県の北九州市にてフリーランスのフォトグラファーとして、行政や企業をクライアントとするプロモーション撮影を行っている。また、アートディレクターとして地域活性化のための企画マネジメント等も行う。