ひっそりと、そこで。

2015.02.22

Nandin Yuan

旅の途中で、興味深い道に出会うと思わずハンドルを切ってしまう事がしばしばある。

時には霧が漂い、もしかしたら帰れないかもしれないひと時の不安とは裏腹に、「こっちだよ、早く。」と、まるで少女のように手招きし、いずれどこかわからない場所へ導かれる。

その先に不意に現れる光景は、思わず息を呑むようなものが多い。

誰も見向きもしない場所_。今はもう忘れ去られた場所_。もう二度とそこへは行けないような、でも確かに存在した、まるで空間を漂っているかのような場所_。

そこに存在する世界は誰にも相手にされずとも、気になどせず。太陽の光を浴び、雨に打たれ、仲間たちとともにゆれている。言葉は内に留められ、断片的な表情だけが強さを一層輝かせている。光を浴びていなくとも、自然が作るリズムによって感情がほころびを見せる。

そんなどこでもない空間を切り撮った、今回のテーマは「ひっそりと、そこで。」
感情のない世界の中にひたむきさと、自分たちの生きる力を見出したい。

 

ひっそりと、そこで。- 閃きにも似た手招きを受けて (今やどこか分からなくなってしまった森にて)
Nandin Yuan-5657

 

ひっそりと、そこで。- 閉ざされ、忘れ去られた神社へ続く階段
Nandin Yuan-0245

 

ひっそりと、そこで。- 入り口 ( 雪と霧を追いかけ進んだ奈良 葛城山にて )
Nandin Yuan-8975

 

ひっそりと、そこで。- フェンスを超えて出会った森
Nandin Yuan-3688

 

ひっそりと、そこで。 – 今はもう営業していないスキー場
Nandin Yuan-5738

 

ひっそりと、そこで。- どこか思い出せない道端の風景
Nandin Yuan-6346

 

ひっそりと、そこで。- 忘れ去られた車
Nandin Yuan-0205

 

ひっそりと、そこで。- 旅の記憶、窓からの景色
Nandin Yuan-6222

 

ひっそりと、そこで。- リズム
Nandin Yuan-2670

 

ひっそりと、そこで。- またひとり旅人を見送った日
Nandin Yuan-7694

 

ひっそりと、そこで。- 主を失った日本家屋にて
Nandin Yuan-4231

 

ひっそりと、そこで。- 阪神淡路大震災の記憶を追って、1.17
Nandin Yuan-7545

 

ひっそりと、そこで。- かつて人々の生活を潤した池の跡地
Nandin Yuan-5945

 

ひっそりと、そこで。- どこでもない森の中
Nandin Yuan-8325

 

ひっそりと、そこで。- 霧中の松

Nandin Yuan-8997

 

ひっそりと、そこで。- 死
Nandin Yuan-1967

 

ひっそりと、そこで。- いつか滅ぼされた豪族の血脈
Nandin Yuan-8884

 

ひっそりと、そこで。- 姿なき像
Nandin Yuan-9023

 

ひっそりと、そこで。- 導き
Nandin Yuan-8853

 

ひっそりと、そこで。- 終わることなき流浪

Nandin Yuan-9002

 

ひっそりと、そこで。- 今は遠く離れてしまった友と燃やした炎
Nandin Yuan-4939

 

ひっそりと、そこで。- いつも窓から眺める海岸線にて、光を望む
Nandin Yuan-1895


このエントリーをはてなブックマークに追加

Nandin Yuan
Photo & Text by