写真を撮るということ

2015.12.28

244

244 @tsuyoshinges -Column

早いものですっかり季節は冬を迎え、もう間もなく一年が終わろうとしています。今年はRECOというメディアを通じて、今までにないくらい写真というものを密接に感じることができましたし、写真を撮ることについて考える機会の多い一年でした。

IMG_5133

IMG_5124

IMG_4028

IMG_4112

唐突ですが皆さんにとって、写真を撮ることってどのような位置づけなのでしょう。

例えば職業にしているひと、またはこれから職業にしようと思っているひと、趣味として楽しんでいるひと、人それぞれと言ってしまえばそれまでですが、写真との距離感はその人によって異なるはずです。

IMG_4917

IMG_4878

IMG_4812

_MG_7519

_MG_7524

写真を形容するフレーズで「記憶と記録」と言葉をよく耳にします。

記憶というものは永遠ではなく、いつまでも昨日の出来事のように鮮明に憶えていられるものではないですから、それを残すために記録という手段で写真があるんですよね。

DSCF2979

_MG_7273

_MG_7332

DSCF4247

DSCF4353

もちろんそれは間違ってはいないんでしょうけど、じぶんは「記憶」と「記録」のあいだには必ず何らかの「想い」があると思います。要はなぜあなたはその場所で、その時に、そのシーンで写真を撮りたくなったか、ということです。

ぼくたちには喜怒哀楽というものがあって、言葉にできない状況に対面した時、はじめて感情が生まれます。言葉で説明できないから笑い転げたりしますし、涙が溢れることだってあります。写真を撮ることも同じことなのかなと思うんですよね。

_MG_7120

_MG_7128

DSCF4858

DSCF4867

DSCF5061

DSCF4117

DSCF4110

言葉を超えるほどの感情が生まれたとき、それを心に残したくて、誰かに伝えたくて、シャッターを押す。

_MG_7897

_MG_7901

DSCF1408

DSCF1415

なので、流れている風景をじぶんの視点で切り取った瞬間というのは、非常にプライベートなものであり、また一方通行な想いをさらけ出す表現方法なのかもしれませんね。

_MG_8031

_MG_8101

_MG_8113

DSCF1795

DSCF1797

DSCF1820

いつしかそこに共感が生まれ、共感を通じて繋がった仲間が増えていくと、ますます写真が楽しくなっていきます。そうして繋がっていった仲間って、好きな度合いというか、熱量がほぼ同じひと同士が集まるので、一緒にいてもフラットな気持ちでいれるし、お互い長く付き合うことができるんですよね。

DSCF3533

DSCF3543

DSCF2050

DSCF2090

写真を楽しむことにデバイスとか、上手いとか下手とか、そういうのってほんとに関係ないんだなって思います。

DSCF8239

DSCF8033-2

DSCF8301

DSCF6744

DSCF6776

DSCF7304

DSCF7324

DSCF7329

これからもあなたにとって写真を撮ることがもっと楽しいものであり、もっとかけがえのないものでありますように。

DSCF8512


このエントリーをはてなブックマークに追加

244
Photo & Text by