「写ルンです」で中央線沿線を撮り歩いてみた

2017.05.06

Takashi Yasui

どうもこんにちは、 @_tuck4 です。数ヶ月前から富士フイルムの写ルンですにハマりまして、今ではいつもカバンに入れて持ち歩くアイテムとなりました。せっかくなのでテーマがあればいいなと考え、東京のJR中央線の停車駅を撮り歩くことにしました。理由はじぶんがこの沿線に住んでいるからです笑。

そんな思いつきから1ヶ月半ほど、ゆるく撮り歩いた写真たちをご紹介します。今回は中央線の「三鷹駅〜東京駅」の各駅になります。

三鷹

 

吉祥寺

 

西荻窪

 

半径1000メートル

RECOでも「半径1000m」という記事がありますが、この記事もほとんどの写真が駅から半径1000メートルの範囲内です。観察しながら街を歩くと見える世界が変わってきます。

もちろんこれはデジタルカメラやiPhoneでも感じることではありますが、長く続けてると「ここはこう撮る」みたいなテクニックに縛られてくるんですよね。写ルンですだとあんまり考えずにシャッター押しちゃいます。これがまた楽しい。
 

荻窪

 

阿佐ヶ谷

 

高円寺

 

中野

 

新宿

 

シャッターを押すハードルが下がる

写真歴の全てをデジタル一眼やiPhoneと過ごしてきたじぶんにとって、写ルンですで撮る写真は新鮮です。撮って現像に出してそのままで、味のある写真に仕上ってくれます。

それが「写ルンですなら良い感じに写ってくれる」という信頼感となり、シャッターを押すハードルが下がります。何気ない光景も素敵なものに見えてくるわけです。

四ッ谷

 

御茶ノ水

 

神田

 

東京

最後に

いかがでしたでしょうか。こうやって見るとそれぞれの場所で特徴があって面白いですね。沿線に住んでることもあり、やたらと愛着がわいてしまう写真たち。

シンプルなツールだからこそ、テーマを決めて撮ることをオススメします。といってもそんなに難しく考えず、無理なく続けられるテーマを選んでみてください。じぶんもまた違う沿線でやってみようかな、なんて思ったり。


このエントリーをはてなブックマークに追加

Takashi Yasui
Photo & Text by 

2010年に趣味で写真を始める。Instagramとの出会いがキッカケで、2015年にフリーランスフォトグラファーに転身。Instagramを通じての企業案件やアーティストの撮影など、新しいフォトグラファー像を追求している。