「写ルンです」と30日

2017.03.21

kunihito miki

こんにちはkunihito miki @kunihito mikiです。

普段から小さいカメラを片手に 気になる風景や日常をスナップしています。この度は写ルンです×RAGEBLUEの企画で「写ルンです」の撮影&記事の寄稿というお話を頂きました。これは滅多にないチャンスだと思いプライベートも便乗してほとんどの撮影で「写ルンです」を使い続けてみました。

シャッターを押すだけのシンプルな動作を続けることで写真が変化しないかな?と甘く期待していたのですが 結果は何も変わらない・・ってそりゃそうだ。写真はカメラじゃなく腕なんだもの…先日まで「やっぱレンズはカールツァイスだよねぇ〜」なんて偉そうに言ってた自分の口をミッフィーみたいに縫い付けてしまいたいです  /(°X°)\

写真はいつも通りの雰囲気ですが、1月20日から2月20日までの30日間、肌身はなさず約30本撮影してわかった写ルンですのメリットや裏ワザ そしてタメにならないどーでもいい情報も含めて作例をご覧下さい。

気になる風景や日常をスナップ

utsuru_mik_snap-001

utsuru_mik_snap-002

utsuru_mik_snap-003

utsuru_mik_snap-010

晴れの日は文句なしでよく写りますね~ 発色・画質も良い感じです。


utsuru_mik_snap-005

光が差し込む窓際は フラッシュを点けない方がナチュラルに仕上がりました。

utsuru_mik_snap-012

utsuru_mik_snap-008

窓際の自撮りですみません、、洗髪時にどんなタオルの被され方してるのか確認したかったんです。尼さんみたいだった。


utsuru_mik_snap-013

光が少ない環境ではコントラストが落ちてフィルムの粒子感が出てきます。これも明るく調整出来ない「写ルンです」らしい描画です。

utsuru_mik_snap-014

utsuru_mik_snap-027

春を探して和歌山の海へ

utsuru_mik_snap-019

utsuru_mik_snap-038

utsuru_mik_snap-016

utsuru_mik_snap-021

和歌山県有田市の漁船は名産と同じみかん色で統一されてとにかく可愛い。ちなみに陽気で優しい和歌山県民に有田みかんを「ありた」と発音すると「ありだ」やでと訂正されます。

utsuru_mik_snap-018

こういう看板が愛おしくてたまらない。1対3は何か意味が隠されてますよー!

utsuru_mik_snap-024

フグの眼差し

utsuru_mik_snap-034

utsuru_mik_snap-035

フラッシュを使おう

utsuru_mik_flashi-001

写ルンですのフラッシュは良い仕事しますよ!私は昼夜を問わず少し暗いなと感じたら積極的にフラッシュを使っていました。

utsuru_mik_flashi-002

金網に近寄ってフラッシュを使うと編み目が反射で浮かび上がります。カメラの距離を前後すると反射量に変化がでますよ。

utsuru_mik_flashi-003

逆光時にフラッシュを補助光として使ってみると 暗かった白い鉄柵が明るく写りました。下の写真はフラッシュなしの作例です。

utsuru_mik_flash-005

utsuru_mik_flashi-004

雨や雪へのフラッシュはよく知られた使い方ですね。豪雨・豪雪ほどダイナミックに光りますがそんなのばっかり撮ってるとびしょ濡れになります。

utsuru_miki-034

ちょっとした裏技で雨粒の付いたビニール傘や 模様の付いた窓ガラスにグッと近づけてフラッシュ撮影するとキラキラと丸ボケが~この写真は後者の模様ガラスの接写です。

旅のかばんに

utsuru_mik_tabi-001

重さ90gの写ルンですは旅のかばんに1,2個入れても邪魔になりません。私はこの時 8個も入れてかばんがパンパンでした。

utsuru_mik_tabi-002

着陸したのは宮古島です。2月中頃なのに23℃のパラダイス~ しかも自費でなく社員旅行という素晴らしさ♪

utsuru_mik_tabi-003

Thank you so much プレジデント!(ご本人)

utsuru_mik_tabi-004

美し過ぎる海にどーしていいか わからくなった社員たち。そしてこの美しさを人差し指で再現してくれる写ルンです。

utsuru_mik_tabi-006

宮古の街風景もたくさんスナップしましたよ。

utsuru_mik_tabi-005

utsuru_mik_tabi-012

utsuru_mik_tabi-008

utsuru_mik_tabi-013

utsuru_mik_tabi-009

utsuru_mik_tabi-010

2月はサトウキビの収穫時期でした

utsuru_mik_tabi-011

製糖工場に運ぶおじさんありがとう!お土産の黒糖ピーナッツ美味しかったよ~

ファインダーを見ずに撮ってみよう

utsuru_mik_nof-001

高級カメラでは躊躇しますが水面に少し近づけて撮ってみると視線がヤドカリ目線に(写ルンですも水没したらアウトです。濡れないように気を付けて!)

utsuru_mik_nof-002

説明書にピントが合うのは1m~と書かれてますが、たまにはルールを無視してOK!水槽の金魚も近づくことで何ともドリーミーですね。

utsuru_mik_nof-003

近所のハト爺にエサを撒いてもらった共同作(他力本願ともいう)チャンスは一瞬なので2個の写ルンですを持って こちらに向かって来る大量のハトに「ぎゃぁ~」と逃げながらノーファインダーで撮影しました。

最後に

近年はinstagramの影響で10代を中心に「写ルンです」人気が復活しています。自由な感性で撮る彼らの写真は本当に素晴しい!このブームをきっかけにフィルム写真の裾野が広がるかもしれませんね。

次はついつい最後まで読んじゃったあなた!ぜひ一度「写ルンです」を使ってみて下さい。春はもうすぐそこ!スマホとは違う新しい表現方法が生まれると思いますよ。私は明日からカールツァイスも使います /(°X°)\

写ルンです×RAGEBLUE

昨年30週年を迎えたインスタントカメラの代名詞である”写ルンです”。懐かしくも新しい不思議な魅力にあふれるこのカメラとRAGEBLUEがコラボパッケージを作成。そのコラボを記念し、店舗のポスターやWEB上で4人のフォトグラファーが“春”をテーマに写ルンですで撮影した作品を公開しています。

写ルンです×RAGEBLUE

TakashiYasui- 2017-03-18 14.37.40-2


このエントリーをはてなブックマークに追加

kunihito miki
Photo & Text by