本土最南端の町、鹿児島県南大隅町へ行こう

2017.06.07

244

2017年5月下旬、鹿児島県南大隅町からご依頼があり、観光PRのため2日間のフォトトリップへ行ってきました。

南大隅町とは

鹿児島県の東南部、大隅半島の南部にある町です。日本本土最南端の佐多岬を有します。

南大隅町までのアクセス

鹿児島空港から東九州自動車道を利用すれば2時間かからないぐらいです。

わたくし244はクライアントさんとの顔合わせと事前打ち合わせもあったため前日最終の空港便で鹿児島入りし、鹿児島市内のホテルで1泊しました。

次の日の朝にレンタカーで指宿市まで行き、そこからフェリーで南大隅町まで、というルートです。

1日目

根占港

到着しての感想が「海と緑が美しい!」ということです。写真を撮る側として、ブルーとグリーンってめちゃくちゃ大事な色で、こだわりを持っていらっしゃる方も多いと感じます。

雄川の滝

滝というと秘境というか、なかなか立ち入れないロケーションのように感じますが、この「雄川の滝」はなんと専用駐車場があり、滝までの舗道も整備されているので、とても行きやすいです。

水も澄んでいて、川を泳いでいる魚とかも普通に見れるレベルです。

パノラマパーク西原台

1日目のゴールはパノラマパーク西原台です。時間帯、天候もバッチリすぎまして、なかなか離れたくなかったですね。

山並みの風景越しの海岸線って九州ならではで、大阪に住む自分にとってはなかなか見れないロケーションなので、目の前に広がる風景にずっと圧倒されていました。

2日目

1日目は事前に決めていたスポットからスポットへ移動というスタイルで撮影しました。

2日目は佐多岬を最終目的地にだけ定めて、東海岸に沿って移動しながら途中で気になるロケーションで撮影、というスタイルで臨みました。

普通に走ってるだけなのにナイスで気になるロケーションがありすぎます。ものすごく個人的な趣向ですが、森の中にある鳥居とかが大好きなんですね。オールド・ミーツ・ネイチャーというか、こういう原風景って日本独特のような気がします。

佐多岬と御崎神社

佐多岬の中に位置する御崎神社は、パワースポットとしても有名な場所です。神社には南国を象徴するカジュマルの木が生い茂り、まるでジャングルにきたような感覚になります。

そのまま進むと佐多岬の展望台に到着するのですが、現在は改修工事中のため、展望台近くまで進んで行くことはできません。写真は手前にある佐多岬展望公園からのワンショットです。

展望台は平成30年完成の予定なので、また訪れたいですね。

最後に

いかがでしたか、南大隅町。まだまだ未開発の場所もありましたが、自分自身感じたのは、「町のみならず、鹿児島県全体が南大隅町を観光化しようと頑張っている」という思いです。

ゆっくり流れる時間と、美しい南国の風景。

たまには忙しい毎日を忘れて、友人や家族と、素敵なひとときを過ごしに行ってみてはいかがでしょうか。


このエントリーをはてなブックマークに追加

244
Photo & Text by