【ストリートフォトグラフィー】9つのヒント

2015.10.10

Takashi Yasui

どうもこんにちは、Tuck @_tuck4 です。

今回はストリートフォトグラフィーについて記事にしようということで、張り切っていきますよ。というのも、写真を始めた頃にじぶんを惹きつけたのは、ロバート・フランク、ウィリアム・クライン、森山大道、この3人の写真家たちだったんですね。

もしご存じない方がいたら、ぜひそれぞれの名前を検索してみてください。最高にかっこいい写真がヒットしますので。この方たちに共通することは、主に街中(ストリート)で写真を撮っていることです。

もう少し振り返らせていただくと、2011年に大阪の国立国際美術館で森山大道の「On The Road」という写真展があったんですね。一番最初に写真の熱が燃え上がった、いわゆる原点です。「こんな風に日常を切り取りたい」そんな風に思ったものです。

それまでは家族写真や何気ない風景(公園とか笑)がメインの被写体だったんですが、「On The Road」以降、毎日のように時間をみつけては、大阪(梅田)の街へカメラを持って出かけていきました。

そんなじぶんがストリートで写真を撮るなかで得たヒントを順番に伝授していきますね。読み終わると街に出たくなるかもしれませんよ。

ヒント1. 待つ

ストリートフォトグラフィーと聞くと、常に街を歩き回って絵になるシーンを探して・・・というイメージですが、半分正解といったところです。街でシンメトリー(左右対称)の風景や、面白い壁を見つけたら、ひたすらシャッターチャンスを待ちます。

応用としては、面白いシーンになることを予想して、先回りして走ることもあります。これは嗅覚に近いものが必要なので、何度も街に出て経験を積んでみてください。

ストリートフォトグラフィー

ストリートフォトグラフィー

ストリートフォトグラフィー

ストリートフォトグラフィー

ヒント2. 上から見下ろしてみる

普段歩いていて、なんてことない場所が、視点を変えてみると魅力的な光景に変わることがあります。手っ取り早いのが上から見下ろしてみること。じぶんも街中で歩道橋などがあれば、とりあえず上がってしまう習性が身についてしまいました笑。

ストリートフォトグラフィー

ストリートフォトグラフィー

ヒント3. 下から見上げてみる

じゃあ今度は見上げてみましょう。ビルの谷間は絶好の撮影ポイントです。当然空が入ることになるので、ハイライトが飛ばないように露出を抑えるのがポイント。

ストリートフォトグラフィー

ストリートフォトグラフィー

ストリートフォトグラフィー

ヒント4. 光と影を見つける

光と影は、街を魅力的に見せる最高のエッセンスですよね。光ばかりを追い求めそうになりますが、実は影の方を重要視しています。光だけあっても仕方ないってことなんですけど、このあたりのニュアンスが伝わりにくいですかね。これも経験でしょうか。

ストリートフォトグラフィー

ストリートフォトグラフィー

ヒント5. 寄ってみる

「君がいい写真を取れないのはあと半歩の踏み込みが足りないからだ」ロバート・キャパの残した名言です。もうこの言葉がすべてを説明しています。

ストリートフォトグラフィー

ヒント6. 偶然性を逃さない

これも嗅覚が必要です。あとは運。「なんでここでこんなカッコいい車が通るんでしょ!」なんてことを経験するからこそ、街で写真を撮ることが楽しくなるんですよね。

ストリートフォトグラフィー

ストリートフォトグラフィー

 

ヒント7. リフレクション

雨上がりの街中なんてものは、もうご褒美だと思ってください。ただ、水たまりを見つけるために下ばっかり見てて、通行人にぶつからないように気をつけて笑。車のボンネットやショーウィンドウも、リフレクションポイントです。

ストリートフォトグラフィー

ストリートフォトグラフィー

ヒント8. ローアングル

これも他の項目に通じることなんですが、要は視点を変えてみるということなんですね。

Fujifilm X-M1

ストリートフォトグラフィー

ストリートフォトグラフィー

ヒント9. 動きをつける

シャッタースピードを遅くして、動きのある被写体と止まった被写体との対比を見せましょう。流し撮りもやってみると楽しくてハマります。

カメラの設定をマニュアルモードか、シャッタースピードモードにして、流し撮りなら30分の1秒、人の流れに動きをつけるときは0.5秒を目安に撮影してみてください。ただ、手ぶれ補正機能がついていないカメラだとちょっとキツいかな。

ストリートフォトグラフィー

ストリートフォトグラフィー

ストリートフォトグラフィー

最後に

いかがでしたでしょうか。いざ街中に出てみると周りの視線もあるし、なかなかカメラを構えられないかもしれません。他人の顔を写さない、通行の邪魔をしない、そしてなにより堂々とすることが大切です。

誰もがインターネットに写真を公開することができる世の中なので、そのぶん撮影のマナーも厳しく求められるという前提はあります。それでもじぶんは、街中で写真を撮るという行為には価値があると思うんですよね。

この記事の写真を通して、その価値を感じていただければ嬉しいです。


このエントリーをはてなブックマークに追加

Takashi Yasui
Photo & Text by 

2010年に趣味で写真を始める。Instagramとの出会いがキッカケで、2015年にフリーランスフォトグラファーに転身。Instagramを通じての企業案件やアーティストの撮影など、新しいフォトグラファー像を追求している。