【動画撮った】日本遺産やばけい遊覧

2018.06.11

Takashi Yasui

どうもこんにちは、保井崇志 @_tuck4 です。

写真家たるもの、「次はどこを旅しようかな」なんてことを常に考えているわけですが、「5月は九州に行こう」と決心するご縁が。大分県、中津市・玖珠町の日本遺産「やばけい遊覧」の地を撮影で訪れることが決まったのです。今回の記事はそのタイアップ企画になります。

というわけで、新緑がまぶしいよく晴れた5月吉日。大分県中津市へ行ってまいりました。正確名称は耶馬渓(やばけい)ですが、確かに漢字の雰囲気そのままの断崖が連なります。

ただ今回は、ひらがなの「やばけい遊覧」っぽい楽しみ方をしてきました。山登りしたり渓谷で水遊びと、あふれる夏休み感。

保井は動画担当ということで、中津市教育委員会のご協力のもとドローン撮影も。SNSに共有しているのは60秒バージョンで、こちらがフルバージョンになります。

 

古羅漢の頂上での達成感

ドローン係は市川渚さん @nagiko。古羅漢では急な岩場を登っていったので、岩峰の頂上でのドローン撮影の達成感たるや。ぜひ動画内でチェック。

記事はこちら。

カメラとドローンで緑あふれる中津・耶馬渓を切り取る

 

秋の耶馬渓もヤバいらしい

そして、この耶馬渓の移りゆく四季を撮影しているのが北九州をベースとする栗山夫妻 @age_cox 。今回の新緑の耶馬渓に加えて、秋の紅葉の耶馬渓の写真を紹介してくれています。

やばけい遊覧 -山水絵巻の風景-

この山水絵巻に紅葉の色づきはズルいですね。訪れる人も多いので、雰囲気もガラッと変わるでしょう。


 

中津市は大分の旅の拠点

さてここからは個人的なことなんですが、この企画に合わせて九州を旅してきました。大分県では由布院や、別府など温泉街へも足を運びました。その際に拠点となったのが今回の中津市。

博多駅から中津駅もソニックで1時間ちょっと。旅はレンタカーオンリーだと味気ないですが、列車の旅情気分も味わえる。

中津駅でレンタカーを借りて、結果的に熊本県まで足をのばして写真を撮ってまわりました。今回の耶馬溪に加えて、日帰り温泉の「八面山金色温泉」はちょうどいい位置にあるのでオススメです(行きと帰りと温泉入った)。

そんなこんなで、初めての耶馬渓でした。また季節を変えて訪れたいです。

カメラとドローンで切り取る「やばけい遊覧」

やばけい遊覧 -山水絵巻の風景-


このエントリーをはてなブックマークに追加

Takashi Yasui
Photo & Text by 

2010年に趣味で写真を始める。Instagramとの出会いがキッカケで、2015年にフリーランスフォトグラファーに転身。Instagramを通じての企業案件やアーティストの撮影など、新しいフォトグラファー像を追求している。